特別養護老人ホーム美樹園 | 社会福祉法人南陽会鹿児島 谷山 老人ホーム 特別養護老人ホーム

Quarterly Magazine -Seoto-季刊誌「せおと」一覧

季刊誌「せおと」特別養護老人ホーム美樹園 | 社会福祉法人南陽会

美樹園では年4回 季刊誌『せおと』を発行しています。
その中からご好評を頂いているコラム 『花熟里の郷から』をご紹介していきます。

筆者紹介

廣瀬 正人ひろせ まさと

昭和17年生。薩摩川内市出身。
県行政において福祉畑一筋に歩む。縁あって美樹園事務長として着任。
当園季刊誌「せおと」に掲載したコラムが利用者、ご家族、民生委員の間で評判になる。
当園では、多くの職員のよき相談役としてもその心のよりどころとなる。
その後、副園長を経て、現在は当園監事を務めるかたわら、職員の倫理の講師も兼ねる。
その温厚な人柄と、等身大の語り口は、聴衆を飽きさせない。

カウンセリング(ロジャーズ派)を学習し、年数回のワークショップを共催する。
念仏者(仏弟子)。浄土真宗本願寺派寺院の門徒総代。
現在、終活中(ご本人 曰く)。
好きなテレビ番組:「吉本新喜劇」「笑ってコラえて!」「バラエティー笑百科」
好きな焼酎:「黒伊佐錦」 
愛妻と,日置市吹上町花熟里に在住。

廣瀬 正人

fileNo.003みんな「不平等」を平等に持っている

『天上天下唯我独尊(てんじょうてんげゆいがどくそん)の心』 「天上天下唯我独尊」は、お釈迦さまがお生まれになってすぐ、七歩歩いて右手で天を、左手で地を指し叫ばれた言葉と言い伝えられています。余談ですが…続きを読む

fileNo.002お釈迦様の遺言

『自燈明(じとうみょう)・法燈明(ほうとうみょう)の心』 お釈迦さまの臨終の絵図には多くさんの動物が集まり悲しむ様子が描かれています。お釈迦さまの側近中の側近である阿難(あなん)【尊者(そんじゃ)】も…続きを読む

fileNo.001○○さんが言ったから△△した

『如是我聞(にょぜがもん)の心』 仏教のいくつかの経典は、必ず「如是我聞」あるいは「我聞如是」から始まります。どちらもほぼ同じ意味で、平たく言えば「私はこのように聞いております。」ということです。経典…続きを読む

お問い合わせ

ご質問やご相談、当法人に関するご質問等ございましたら以下よりお気軽にお問い合わせください。